社会保険労務士に委託するメリットとは?

社労士(社会保険労務士)ってどんな仕事をするのか?

まかせたらどういうメリットがあるの?

 

いまひとつわかりにくいのが本当のところかもしれません。

コンパクトにお答えすると、以下の5つに集約されます。

  1. 企業本来の事業、経営に専念できます(複雑な事務手続からの解放)
  2. 企業の省力化を推進できます(人件費の削減)
  3. 事務手続きの改善が図れます(スピードアップ+正確さ)
  4. 経営の円滑化が図れます(スピーディーな情報収集)
  5. 人事・労務管理の専門的なアドバイスが生かせます(適切な助言など)

 

★企業本来の事業、経営に専念できます(複雑な事務手続からの解放)

日々刻々と変わる社会の変化に伴い、労働・社会保険関係諸法令に関する法律の改正がたびたびおこなわれています。その内容は複雑で、しかも専門的な知識を必要とするものが多いのが現状です。そのため、こうした面に精通していないと業務への対応は難しくなります。適正かつ的確な処理をするために、その道のプロである社会保険労務士にお任せください。

★企業の省力化を推進できます(人件費の削減)

複雑で多様な知識や能力を必要とする人事・労務管理業務はわかりにくく、面倒な面があります。企業内にそのための専門スタッフを育成するよりむしろ、外部の力を活用することで無駄な時間と労力、費用を省くことができます。
国家資格者である社会保険労務士は、守秘義務が課せられておりますので、その点でも安心してお任せいただくことができます。

★事務手続きの改善が図れます(スピードアップ+正確さ)

労働・社会保険の加入や脱退の手続きをはじめ、各種給付金の請求、帳簿書類の作成など、事務手続きを迅速・的確に処理します。

★経営の円滑化が図れます(スピーディーな情報収集)

法改正をはじめ、労務管理に関する、新しく正確な情報の収集、ならびに知識の活用が図れます。

★人事・労務管理の専門的なアドバイスが生かせます(適切な助言等)

労働者の意識も大きく変化し、労働条件の改善や労働時間の短縮など賃金・人事制度の見直しが急務となっています。

労働管理の専門家である社会保険労務士だからこそ提案できる、それぞれの事業所に適したアドバイスや指導をお受けいただくことができます。